「ラクトフェリンとビフィズス菌」

 人間は、様々な腸内細菌と共存している。ヒトの大腸だけでも約1000種、600兆ほどの細菌がいるといわれている。そんな多種多様な腸内細菌の中で、最もヒトとともに歩んできた腸内細菌は何であろうか?

 それは、ビフィズス菌だ。その数も断トツで、対乳酸菌比率は、9割以上である。つまり、腸内の善玉菌のうち、90パーセント以上はビフィズス菌で占められている。

 ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所で赤ちゃんの糞便から発見された。種類は多岐にわたるが、ヒトの腸内では、十種類ほどが確認されている。ビフィズス菌には、整腸作用、感染防御の力、アレルギー予防、骨補強作用など、様々な効用が認められている。
 そんなビフィズス菌であるが、やはり、老齢とともにその数は減っていってしまう。
 ヨーグルトなどを習慣的に食べるのがよいのは、こういった善玉菌を補填するためでもある。このとき、ラクトフェリンも同時に摂取するのがいいだろう。

 なぜかといえば、ラクトフェリンには、ビフィズス菌を助け生育する作用があるからである。

 研究から、ビフィズス菌の表面には、ラクトフェリンに結合する部位があることが分かっている。ラクトフェリンは、そことくっつくことで、まるで保護者のようにビフィズス菌を守り、生育させるようだ。悪玉菌に対しては、結合し、その体組成を破壊するのに、ビフィズス菌に対しては、くっついて増進させる。この選別性こそ、ラクトフェリンのすごいところといえる。

 【ホコニコのラクトフェリン+ビフィズス菌】

ラクトフェリン&ビフィズス生菌+マスティハ(有胞子性乳酸菌配合)